FC2ブログ
9歳の男の子と5歳の女の子のお母さんです。家庭保育園でスタートした子育て。幼児教育・家庭教育を取り入れつつ、のびのび育てることをモットーに日々頑張っています。
幼稚園児に足し算を教える方法2 数の認識1
2010年04月17日 (土) | 編集 |
年少さんに足し算を教える場合、数の認識ができているかどうかを確認しながら教えていく必要があります。
それと数が分かると言ってもレベルは様々です。

まず自宅に立方体の積み木があれば、積み木を10個用意します。

積み木を机の上に置いて「ここに積み木が何個あるか分かる?」「一緒に数えてみようか。」という風に進めて下さい。最初は少ない数から10個まで。順番を変えてもいいし、放って置いてみてもいいし、伏せた容器を持ち上げて見せてもいいですね。勉強の時間の積み木だけでなくおやつの飴の数など日常生活でも取り入れてみたら良いと思います。
テーマ:早期教育・幼児教育
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © ぴょこたん 子育てメモ all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg