FC2ブログ
9歳の男の子と5歳の女の子のお母さんです。家庭保育園でスタートした子育て。幼児教育・家庭教育を取り入れつつ、のびのび育てることをモットーに日々頑張っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目に見える文章3
2010年04月01日 (木) | 編集 |
コウちゃんの朝のお勉強はまたまた昨日の続きです。これで3日目。時間がかかるというか、時間をかけているというか、私の気分のせいなのかは不明ですが(笑)同じ問題集の問題でもさらっと終わる時とこんなに時間がかかる時があります。何でしょうねー。まぁ、とりあえず、、、

KC3I0149_convert_20100401152610.jpg


この3場面目。昨日「分からない。」という禁止ワードを言ってくれたコウちゃんの為に方法を教えることにしました。

「この絵に描いてあることを文章にして書いてみて。○○が○○しています。という風に箇条書きで。」を指示。

コウちゃんが書いたのは「お母さんは見ていただけ。」「ぼくはカキ氷をたべていた。」「犬も見ていた。」「氷という漢字の下になみのマークがあるカンバンぶらさげてある。」

「原稿用紙のマスが少ないから、この中で同じことが書いてあるのがあったらまとめてみよう。同じことを書いてるのはどれ?」と聞くと

「犬もおかあさんもぼくを見ていた。」という文章にすることができた。

それから「氷というかん字の下になみのマークがあるカンバンっていうのはどこの看板だと思う?」と聞くと

場所が「かき氷屋」だということが分かった。

そんな感じで今日最後に書いた文章は「ぼくとおかあさんはきがえた。ぼくはかき氷やで、かき氷をたべた。犬もおかあさんもぼくを見ていた。」でした。「やったー!ぴったり!」と叫んだコウちゃん。

しかーし!文章の終わりが丁寧語でないのにマス一杯一杯使っているのは残念な結果。またどこか削らなければいけない。

頑張れ!!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © ぴょこたん 子育てメモ all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。