FC2ブログ
9歳の男の子と5歳の女の子のお母さんです。家庭保育園でスタートした子育て。幼児教育・家庭教育を取り入れつつ、のびのび育てることをモットーに日々頑張っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正しい日本語
2012年06月17日 (日) | 編集 |
学校の先生の中で、正しい日本語を使っておられる先生はベテランの先生が多いように思う。年齢が上がると、日本語の良さ、あるいは言葉そのものの大切さが分かり、伝えよう大切にしようという気持ちが強くなるのだと思う。

正しい日本語のメリットは以下。

距離感が保てる。
正しい日本語に子供達が触れることが出来る。(こういう時にはどういう敬語を使ったらいいのだろうかと思った時に、思い出すことが出来るので1つの経験となる)。

若手の先生が使うような言葉はフレンドリーで一見コミュニケーションに一役買っているようだが、実は正しい日本語で話していても、コミュニケーションに問題はないようだ。

正しい日本語を使うということは良い教材を使うということかもしれない。教材は良いものを使うにこしたことはない。教えたいことが教えられるかどうかは、やはり教師の手腕にかかっているということか。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © ぴょこたん 子育てメモ all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。