FC2ブログ
9歳の男の子と5歳の女の子のお母さんです。家庭保育園でスタートした子育て。幼児教育・家庭教育を取り入れつつ、のびのび育てることをモットーに日々頑張っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
絵本
2011年05月20日 (金) | 編集 |
絵本の読み聞かせの大切さはよく知られていると思います。

絵本を読み聞かせすることで情緒が安定するし、将来の本読みにもつながる。

じゃぁ本を読むことは何故大切なんだろう?
よく耳にするのは「視点」である。

読書について語る時、愛読書を持つことの重要性がよく言われている。何度も繰り返して読む書である。例えば、内田義彦の著作物を愛読書にしていれば、何か問題を考える際に、自分の考え方と同時に、「内田義彦ならば、この問題をどう考えるだろうか。」という想定ができる。自己の判断の相対化ができるのである。愛読書の著者になりきれるほどに読み込むことをしていけば、おのずと自己の位置の相対化ができるようになる。

テーマ:絵本
ジャンル:育児
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © ぴょこたん 子育てメモ all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。