9歳の男の子と5歳の女の子のお母さんです。家庭保育園でスタートした子育て。幼児教育・家庭教育を取り入れつつ、のびのび育てることをモットーに日々頑張っています。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
幸せですか
2013年08月24日 (土) | 編集 |
「幸せですか?」って聞かれました。

「・・・幸せですよ。」

その人が、その日に限ってですが、「今日はため息しか出ませんよ。」っ言ってた後に聞かれたので、気を使って、「あ、私は幸せの基準が低いですから。」って付け加えました。でも、これは本当。

私は離婚前のしんどい結婚生活を経験してるし、離婚できて、昔から憧れていた仕事をすることができている。仕事で嫌なことがあったって、家で母と喧嘩したって、全て自分が望んでやっていることの中で起きていること。仕事をしてれば、嫌なことがあって当たり前だと思うから。基本的に楽しいし幸せじゃないなんて思ったことない。


そんなことまで説明はしませんが、その人は「おぉ!今日も右手がある、幸せ~。仕事がある、幸せ~。今日も晩御飯が食べれる、幸せ~。ハンコが押せた、幸せ~!」とやってる内に爆笑。

「今の世の中はより良いものを求めるでしょ、それとは違った視点ですよ。まぁこれでいいやん、とかいう、今あるものに感謝する心。元気な時は上を見たらいいけど。」って話をしてたら、「おぉ、本当だ。こんなことではいけませんよ。現状に満足していては。上を目指さないと!」と言って、また爆笑。

ま、元気になって良かったです。
スポンサーサイト
規律?
2013年03月22日 (金) | 編集 |
教師と自衛隊員は精神科にかかってる人が多いそうだ。1割だとか。

規律や規制が厳しくて適応できない人がいるから???
信用
2013年03月14日 (木) | 編集 |
熱意と実績とその人の言葉。

それが満たされたら、信用できるなと感じる。
感受性
2013年03月09日 (土) | 編集 |
子供達を集団で見ていると、感受性の差、能力の差があるのが当たり前。

子供の感受性の差、能力の差にする教師(コーチ)は能力がないのだ。
クラス運営
2013年03月09日 (土) | 編集 |
クラスをまとめるコツ

大人が自分で決めたことを守ること。守れない場合は理由を言うと、子供達も言い訳ではなく理由を言うようになる。

いじめを解決する姿を見せたら、そのクラスではいじめは起こらない。
copyright © ぴょこたん 子育てメモ all rights reserved.
powered by FC2ブログ. template by puku×puku material by tora☆7kg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。